< img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=266420619401820&ev=PageView&noscript=1" />

ヨーロッパハイエンドPV市場におけるAIKOとLibra Energyの協力展開

2023年09月13日

(アムステルダム)2023年9月13日、世界をリードする新エネルギー技術会社上海AIKOエネルギー有限会社(AIKO)とヨーロッパをリードする総合的太陽光発電(PV)販売社Libra Energyがアムステルダムで祝賀の調印式を行い、供給協定に署名した。

ヨーロッパとほかの地域の多様なアプリケーションシーンの使用が想定され、650メガワットのAIKO ABC(All Back Contact)モジュールの提供が含まれている。今回の調印を通じて、Libra Energyの顧客は業界をリードするAIKOの製品を活用し、プロジェクトを実現させ、潜在力を最大限に引き出すと見込まれる。

写真:650 MWの供給契約を締結したAIKOとLibra

今回の協力をきっかけに、双方はヨーロッパのハイエンド分散型太陽光発電市場を共同で開発し、商業・マーケティング・金融・物流の分野で協力を展開し、最適な方法で共通した顧客にサービスを提供するとされた。

Libra Energy最高技術責任者Gijs Stevers氏は「新たな電池技術の導入に伴い、数年ごとに太陽電池パネルの効率に大きな飛躍が起こる。All Back Contact(ABC)技術の導入に伴い、AIKOはピーク電力450ワット以上のモジュールを提供できる。出力がなんとPERC太陽光電池を搭載した同じサイズのAll-Black太陽電池パネルより40ワットも高くなる。外観が優れているため、AIKOの太陽電池パネルはヨーロッパの太陽エネルギー市場に最適だ」とコメントした。

AIKO社CEOのTiger LU氏は「AIKOにとって、ヨーロッパをリードする総合的太陽光発電(PV)販売社Libra Energyのパートナーになることは重要なマイルストーンだ。双方の協力によって、ヨーロッパ市場におけるAIKOの地位が一層固くなり、より広い発展空間が開かれた」と述べた。「AIKOは将来、業界をリードする企業との協力と交流を強化し、持続可能な発展目標の達成に向かって、世界の再生可能エネルギー技術分野でより大きな進歩を遂げるように努力していく」。

技術革新のベンチャー企業として、AIKOは世界の新エネルギーシステム開発に集中し、「脱炭素社会に向かって、世界のエネルギーの変革を推進する」との使命を標榜し、世界の太陽光発電産業を牽引しつつある。この先、革新と先端技術を絶えずに追求し、太陽光と電気の転換を極限まで挑戦し、ABC技術の光電変換を29.4%に限りなく近づけたAIKOは引き続きより高い製品効率とオリジナルな製品をもって、世界にグリーンエネルギーをもたらし、究極の革新技術で脱炭素時代の実現を加速させていく。